ポリゴンNFTをプレゼントする時かかるガス代をどうやって手に入れるのか

仮想通貨

ポリゴンNFTなら,プレゼントするのにガス代がいらないと聞いていました。
そこでポリゴンでNFT化しました。ところがいざプレゼントしようとしたらガス代が求められました。

調べてみたら2022年9月現在,若干ではありますけど,かかるようになっています。
ほんの数円だったので支払おうとしたら,「残高不足です!」と出て支払うことができませんでした。

ポリゴンでのやりとりをするための仮想通貨をもっていなかったから,どんなに少額であっても支払うことができなかったというわけです。

そこで,この記事では,ポリゴンをプレゼントするためのガス代をどうやって手に入れたらいいのかについて解説します

この記事でわかること

  • ポリゴンでの売買をするために必要な仮想通貨を手に入れる方法
  • ポリゴンで使える仮想通貨とは
スポンサーリンク

 

ポリゴンで使えるイーサ「ポリゴンイーサ」を用意する 

イーサリアムに対してイーサという通貨があるようにポリコンではMaticという通貨があります。

しかし,手持ちの通貨はイーサだけという場合がありますよね。また,Maticを買おうとしても2022年9月現在国内ではMaticを扱った取引所がないので,複雑なことをしなければなりません。

しかし,大丈夫です。実は,手持ちのイーサを「ポリゴンで使えるイーサ」に変換することができるんです。ポリゴンで使えるイーサに変換されたイーサを「ポリゴン・イーサ」といいます。

もともとポリゴンは,イーサリアムでの取引をより早くより安くするために生まれたので,イーサリアムとの相性がいいんですね。

手持ちにMaticがなくても,イーサリアムのイーサをポリゴン・イーサに変換することでポリゴンの売買をすることができるようになります。

そして,ポリゴンをプレゼントをするときのガス代もこれで支払うことができるようになります。

 

イーサリアムイーサをポリゴンイーサにブリッジする

イーサを「ポリゴン・イーサ」に変換するには「ブリッジ」という作業を行います。イーサリアムでしか使えないイーサを,ポリゴンへ橋を使って移動するというイメージですね。

こちらのページでブリッジを行います。→Wallet Poligon

右上にメタマスクが出ていますが,これは私がすでにウォレットをメタマスクに接続していることを示しています。

左から2番めのPolygon Bridge を選択

 

すると下のような画面になるので,Ether(イーサ)の右側の欄に,いくらのイーサをポリゴン・イーサにするのか入力し,「Transfer]を押しましょう

 

こんなのが出ます。

結構時間がかかるよ,というようなことを言っていますので,「Continue」を押します。

するとガス代かかるよ!と出ます。

現在,2ドルくらいかかると行ってます

なんどかキャンセルを押してやり直してみるのもいいと思います。ちなみに夜中0時ごろにしてみたら7ドル超えていました。

 

朝の6時ごろだと4ドル近くまでさがっていました。

 


自分が納得いくガス代のタイミングを見計らってContinueを押しましょう。最終確認画面がでるのでまだ大丈夫です。

下の確認画面では,0.01イーサをポリゴン・イーサにするのにガス代2ドル。夕方でした。

午後3時くらいあたりがよさそうですね。

ここでガス代に納得したらContinueを押します。

スポンサーリンク

すると,メタマスクのウォレットが開いて実際のガス代が表示されます。

今回は,0,01イーサ(この時点では1886円)を0.01ポリゴンイーサにブリッジするのに127円かかるよ,と知らせてきました。これが最終確認です。

 

この場合127円のガス代が払える分だけ,イーサリアムのイーサが残してあるか確認。(残してなければ残高不足でできない)

ガス代もずいぶん安くなっているようです。少し前は数十ドルかかっていたようですね。

 

こうして,イーサリアム・イーサから,ボリゴン・イーサへの移動が行われます。
僕の場合は朝7時頃行ったら,20分ほどで終わりました。

一番右の「Completed」にチェックが入ればブリッジ終了です。

 

下のように,イーサが二つになっていました。

同じイーサ(ETH)ではありますが,下の方は青いアイコンになっており,ETHの下に「Polygon」と表示されています。

ポリゴン・イーサができたわけですね。0.01イーサ分で,13ドルくらいでした。

 

ポリゴン・イーサができたので,ポリゴンNFTの売買ができるようになりました。ガス代も払えるようになったのでいよいよ僕のポリゴンNFTをトランスファー(相手のウォレットのアドレスに移動)

 

ガス代は0.002872Maticでした。

1Maticがだいたい100円くらいの相場みたいですので,0.2円といったところでしょうか。たったこれだけですが,最初はポリゴン・イーサを持っていなかったので残高不足だったんです。

0.2円なので,表示は「0円」となっていますね。

 

「確認」をおすことで,見事に相手様あてにポリゴンNFTがプレゼントできました。

 

ところで,不思議なことがあります。僕のメタマスクを見たら,いつのまにかポリゴンの通貨,Maticが現れていて,0.0972Maticありました。

これはいったいなんでしょうか。

どうやら,ガス代0.002872Maticのお釣りがMaticで支払われたのではないかと思います。

残高のMatic0.0972とガス代0.002872をたすと,0.1になるからです。

イーサの単位ではそこまで細かくできないため,Matic扱いにしてお釣りをくれたのではないかと思います。

 

Matic とポリゴン・イーサのちがいとは

さて,上の図を改めて見てみると,「Polygon」に,「ETH」と「MATIC」の二つがあります。

上のETHが「ポリゴン・イーサ」です。
どちらのポリゴンで使える仮想通貨です。

これ,いったいどう違うのでしょうか。

私は最初混乱しました。どちらもポリゴンで使えるのなら,どちらか一つでいいじゃないかと思ったんですね。どうしてわざわざ二つ作るんだろうと。

その答えは,簡単です。

 

ポリゴン・イーサは,イーサリアムのイーサをポリゴンでつかえるように変換してあげたものであって,「イーサ」であることは変わらない。

Maticはもともとのポリゴンの通貨である。

つまり別物である。

 

ポリゴンで使えるというだけで,ポリゴン・イーサは,「イーサ」なんですね。ポリゴンで使えるイーサなんです。

 

以上,イーサをポリゴンで使えるポリゴン・イーサにブリッジしてあげることで,ポリゴンでの売買ができるようになります。

プレゼントするときのガス代も1円しないくらいでとても安いです。

以下の記事でさらに詳しく解説しています。

ポリゴン・イーサとMaticの違い

スポンサーリンク

プロフィール
ブログの管理人
Lyustyle

シニアのマルチポテンシャライトです。
「人生3弾ロケット」中,2弾ロケット点火中で,どんどん加速しています。
ブログ,YouTube,音声配信,Kindle出版,音楽作曲,イラストレーター,3Dアニメーターなど,ひとつひとつ極めています。
これらの軌跡を綴るメルマガ「知的迷走通信」配信中。

Lyustyleをフォローする
仮想通貨
Lyustyleをフォローする
シン知的生活ネットワーク
タイトルとURLをコピーしました