「どうしてこんなことしたの?」には答えられない

子どもたちがいたずらやからかい、いじめなどをした時、よく、「どうしてこんなことしたの!」と聞いているのか叫んでいるのかわからないような「詰問」をすることがよくあります。ありました。

子どもたちは決まってうつむいて黙り込みました。

すると、「どうして黙ってるんだ」とさらに激昂します。

答えられない子どもはますます貝になります。

するとそれが反抗的に見え、教師はさらに激昂。

 

「なぜ」質問には人はなかなか答えられません。

特に叱られている時には。

なんとか答えたとしても、その先にはさらなる追求があるとわかっているので、おいそれとは答えられず、なんと答えたらいいかと答えあぐねてしまうのです。

 

自分に置き換えて見たらわかるはずです。

あなたが自分より上位の誰かから

目を釣り上げて「どうしてこんなことやったんだ!」と言われて答えられますか?

なんとか答えたとして、「そうだったのか。なーんだ。」などと理解してもらえる展開はないと身に染みています。

それよりも悪ければ「言い訳するな!」が待っています。だこら答えられないのです。

 

「なぜ」質問より、「何」質問。

「どんな気持ちてそんなことしたんだろう」

「一体なにがあったの?」

 

同じこと聞くにもこちらのほうがこたえやすいですよね。

それどころか、「なにがあったの?」と聞いてくれること自体に、自分を大事にしてくれていると感じさせる力があります。

 

「なぜ?」「なんで?」「どうして?」を使わないで済む質問をいろいろ考えておくといいですね。

「その時はどんな気持ちだったの?」

「どうなったらいいなと思ってた?」

そんな質問を。

 

 

投稿日:

Copyright© Lyustyleの教育チャンネル , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.