コーヒーには糖尿病の予防効果 たけしの健康エンターティメントより

医食同源ということで、医者がお墨付きを与えたコーヒーの糖尿病への効果。

興味深いものがありましたのでノートを残しておきます。

 

2005年 ハーバード大学が発表した研究結果 コーヒーの効果あり!

全米の男女12万人の食と健康との関連を18年間追跡調査

1日にコーヒーを一定以上飲む人には、糖尿病の発症が

男性 50%

女性で30%

少なくなることが明らかとなった。

 

また、コーヒーは糖尿病を予防すると結論した400以上の研究論文が存在します。

 

 

そもそも薬として重宝されていたコーヒーの糖尿病を予防する成分 クロロゲン酸

クロロゲン酸 ポリフェノールの一首。

インスリンの働きを活性化

糖分の利用が促進され血糖値がさがる。

 

それでは日本でいちばん珈琲を飲んでいる人は血糖値が少ないか?

ネスレ日本株式会社に取材

社員は相当量のコーヒーを飲んでいるはず。

社員9名の血糖値を調査したら全員基準値以下だった。

 

その社員の血糖値の飲み方。マグカっぷ。紙コップがいたるところにある。

社内で飲むコーヒーはすべてただ。

ベスト湯加減の90度のお湯がすぐに出るようになっている。

いつでも誰でもコーヒーを飲める環境で、社員は1日平均6.5杯のコーヒーを飲んでいた。

 

クロロゲン酸はどんなコーヒーにでも同じくらい入っている。レギュラーでもインスタントでも缶コーヒーでも。

たくさん飲めば食後の血糖値を減らすという調査結果。

1日5,6杯以上飲む人には効果があるという調査結果が多数出ているとのこと。

  

一般の人はどうしたらそれだけのコーヒーを飲めるのか。

一般の人にはそれだけのコーヒーを飲むことは難しい。

効率よくクロロゲン酸を摂れる飲み方とは。

 

東京医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科 主任教授 小田原雅人先生

1日3回 食前に飲めば、効率よく摂取し、食後の血糖値を抑えられるという。

 

同じ量(450cc)のコーヒーを

■1~2時間おきに1日6回以上に分けて少しぞつ飲む

■3回に分けて食前に飲むとの間で実験

 

1~2時間おきに1日6回以上分けて飲む人

k1

 

3回に分けて食前に飲む人

k2

 

食事は今まで通りで20日間。

■1日6回 に分けて飲んだ

食前の基準値が基準内になったうえ、食事後の血糖値の上昇が低く抑えられた。

k3

■3階に分けて食前に飲んだ

k4

食前の血糖値から食後60分までの血糖値の上がり方は変わらなかったが、その後120分にかけて大きくおちた。

食前にのんだクロロゲン酸が効き始めた。

 

k5

食事の前後3回と、1日数杯ちょこちょこ飲みとで、血糖値を効果的に抑えられる可能性がある。

しかし、すでに糖尿病の人には薬の代替にはならない。

  • 糖尿病予防にはブラックのほうがいい。ミルクは少量ならかまわない。
  • 長期的な作用。長期的に飲み続けることで予防効果が見られる。

  

コーヒーの悪い影響とされていることについて

  • これまでは悪い影響が強調されていた。コーヒーを飲む人には喫煙者が多くタバコの影響が混同されていた。
  •  中毒性はない。

 

  

効果が期待されるつ3の病

1 心疾患

クロロゲン酸には善玉コレステロールの働きを良くする効果があるという研究結果がある

2 脳卒中

動脈硬化症の予防

コーヒーと喫煙→死亡率上がる

コーヒー飲み →死亡率下がる

3 がん

コーヒーそのものは一部の癌のリスクを下げるという研究結果あり。

肝臓がんは43%減らす

子宮内膜がん、食道がん、大腸がん、頭頸部のがんなど、一部のがんに効果が期待されている。

 

コーヒーを利用した最新がん治療

金沢大学附属病院

機能再建学教授 土屋弘行先生

カフェインを抗癌剤と一緒に使うことで、がん細胞が復活できず死滅してしまう。

その効果で必要以上に抗癌剤の投与をしなくてすみ、副作用がでにくい

50%以上縮小させて切除。

治療開始から4ヶ月後に、がんの縮小を待って切除手術。

実際の症例では60%以上縮小した。

 

以上です。

このページの先頭へ